ギリシャのデフォルトによる世界への経済の影響

6月30日にギリシャが世界各国から借りていたお金を返せないで、事実上デフォルトを宣言しました。ユーロ圏からは6月の末までにお金の返済期限を決められていたので、返済日などを守れなかった事によって、結果として一時的に世界の各国の経済に影響を及ぼしました。

6月の末になって、ギリシャの国内でもデフォルトの危険性が高まる事によって経済は混乱して、銀行に預金を下ろすために市民が殺到しました。債務不履行で経済の混乱で国が市民に対してお金を引き出す金額の限度を定めたり、タクシー代などの無料化などの政策を開始しました。

ギリシャのデフォルトが決定した直後に、世界各国の株式市場は大混乱に陥りました。各国の平均株価に関して、お金の返済が出来なかった事で大きく値下げをした国が多かったです。

ギリシャはデフォルトを宣言しましたが、IMFなどの判断では現時点において債務不履行が決まったというわけではありません。今後は国内で国民投票を行って、国内に緊急的な支援を模索していく傾向です。基本的には国が運営できるように資金を供給して、国民にとって元の生活に戻る施策が中心です。最近は中国の株式市場も不安材料が残って、各国の経済の状況によって飛び火するような形で経済に影響が出る可能性もあります。バンクイックの審査で主婦が借りる時は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です