籠池氏告発に向かう自民党の対応

自民党は森友問題で籠池氏を偽証罪で告発する方向に向かっています。一方籠池氏側は自民党を名誉棄損で訴える可能性を示唆しています。
この現状を見ると、籠池氏側は自分だけ悪者になるくらいなら周りも巻き込んでやれという感じの証人喚問でした。特に手のひらを返された大阪府と、親密にしていたのに今更という感じの安倍昭恵さんに対し不信感や恨みをぶちまけている感じがしました。そして自民党の対応ですが、総理と奥さんを守るために必死です。とにかく総理夫妻を守る為だけに動いているような感じがしました。その為には何が何でも籠池氏一人の責任で終わりにしようとしています。またこの対応に自民党の重鎮からも批判の声が上がっています。

何故このようになったのだろうかと考えると、総理の発言が起因していると思います。当然ですが妻をかばうあまりムキになって断言してきたことがすべて問題を大きくしているように思います。忖度の問題でも、意地になって『そんなものは無い』といても、総理夫人が名誉校長なら行政は誰だって便宜は図ります。実際身近な事でも行政に依頼しても全く何もしてくれません。町内会のことでもそうです。しかし知り合いの議員に口添えをしてもらうだけで速攻で動きます。政治家とはそういうもんだと思います。与党でも野党でも政治家の名前があればそうなるものです。それが奥さんであっても、行政は絶対動きます。名前があったから忖度したかもしれません!と言えば済んだのではなかったでしょうか。

今後はこのような問題が起こらないように、特に総理や大臣の妻や家族に関する法整備をするのがベストだと思います。銀行カードローン 審査 甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です