豊富なメリットがあるプロミスを上手に活用し自分の味方に!

誰しも、病気や事故など突如としてまとまったお金が必要となってしまい苦悩された方も多い事でしょう。

そんな時に最適であり、周囲に迷惑を掛けずに済みその上便利なキャッシングサービスが充実しているのがプロミスです。

しかし、キャッシングはあくまでも借金である為利息を付けて返金する必要性が出てきます。

便利な分、比較的に高い利息が付いてしまう為敬遠されている方も大勢いらっしゃる事と思います。

プロミスで初めて借り入れの申し込みをする際にどの様な基準で審査をするのか果たして無事に審査を通過出来るのか等と多くの不安を抱く方が多いのではないでしょうか。

その様な不安要素を少しでも多く払拭する為には、プロミスの正しい審査基準や審査に通る人の傾向等に関する知識を身に付ける事こそが何よりの近道となるでしょう。

まず、初回に限り三十日間の無利息期間ざ適用される点もプロミスが人気である理由の一つと言えます。

通常、キャッシングでお金を借りるとなると借りている間は一日毎に利息が加算されていくものですがプロミスでは三十日間の無利息期間内は利息が発生しないので心身共にと経済面においての負担が大幅に減る為非常にお得です。

しかし、この期間内に全額返済する事が条件となるので慎重な検討が必要不可欠です。

その理由は、期間を過ぎてしまうと当然の如く利息が付いてしまう為銀行が運営するカードローンよりも高くついてしまうからです。

もし、期間内に全額返金を出来ない様であれば金利の低いカードローンに申し込む方が無難です。

しかし、判断を誤らぬ様慎重に検討した上でこちらのサービスを上手に利用出来さえすれば非常に便利でありお得です。

こちらのサービスを利用する為の条件がこの他にも二つあります。

それは、メールアドレスを登録する事やウェブ明細に登録する事が必須となります。

また、プロミスの広告によるとスマートフォン等の携帯電話やパソコンからホームページにアクセスし申し込みが出来る為来店が不要と言う大きなメリットがあります。

年齢制限に関しては、プロミスが定める審査基準に関してですが申し込み条件として20歳から69歳のご本人に安定した収入のある方と言うのが大前提となります。

また、主婦や学生の場合でもパートやアルバイト等で安定した収入があれば利用可能です。

しかし、現状としてはキャッシングのテレビCM等でよく流れている借り入れは収入の三分の一迄であり銀行のカードローンは年収の三分の一までの規定に含まれない事や安定した収入のある方であればキャッシング出来る等の宣伝文句により誤解を抱いている方も多いかと思います。

それは、裏を返してみればパートやアルバイトの様に安定した収入のない人はキャッシングが出来ないとも受け取れるのでその様に誤った捉え方をしてしまいがちだからです。

実際、プロミスの場合は働いている兼業主婦やパートをしている主婦の方であれば勤務先で在籍確認が出来れば原則的に自己申告の収入の三分の一まではキャッシングが可能です。

在籍確認としては、プロミスの担当者が勤務先へ電話を掛け個人名を訪ねた際に対応に不自然な点が無くきちんとした返答がある事や直接本人と電話を代わる事が出来るか等の方法を取ります。

つまり、雇用形態を問わず働いていて定期的な収入があり在籍確認が取れれば利用可能と言う訳です。

それは、雇用形態を明らかにしなければ貸し付け条件が整わない等と言う法的な縛りも無いですしむしろ雇用形態を明かす事の方が個人情報保護法に関しての問題が生じてしまうからです。

また、収入の公的証明書の提出が求められるのは返済履歴を含めプロミスから五十万円を超える金額を借りようとする時やプロミスを含めた複数の業者から百万円を超える金額を借りようとする時に限られます。

この場合は、審査に通る可能性が非常に低くなってしまいます。

そして、他者カード類の返済を滞納していると残念ながら審査を通過ないので特に注意すべきです。

申し込みをする際に必要な書類は、申込書と運転免許証や健康保険証やパスポート等の個人の住所が記載された公的証明書です。

会員証などは認められておらず、あくまでも戸籍に基いて市役所や区役所等の公的機関にて発行される身分証明書のいずれかである必要があります。

また、引越しをした際に免許証の住所の書き換えを行っていない場合は免許証に加えて公共料金の領収書や住民票などを持参すれば可能です。

その他には、勤続年数や居住年数や一人暮らしかどうかなど家族構成などを中心に審査が進められます。

また、プロミスの場合は専業主婦の配偶者貸し付けは行っていません。

その理由は、配偶者の同意によるキャッシングは貸金業法に一切の規定が無いからです。

また、金融庁のガイドラインに収入が無い場合には配偶者の同意を得た上で配偶者の個人情報に基付き貸し付けを行えるとありますがこれはあくまでもガイドラインに過ぎず解釈が変わる可能性があると考えられているからです。

また、誰しもキャッシングに必要不可欠なのが審査であり申し込み前に知っておくべき不利になる条件が他にも幾つかある為把握しておく必要性があります。

それは、申し込み時に嘘の情報を申告しそれらが悪質と判断された場合は当然ながら審査通過はまず不可能と言っても過言ではありません。

その他にも、過去五年間に債務整理をした事がある方や過去十年間に倒産の経験がある方は審査の際に少なくとも不利になる可能性が高いです。

返済の為に、また新たな借り入れを増やすのは逆効果であり非常に悪循環に陥り易くなってしまうので身の為にも絶対的に避けるべきです。

最後に、プロミスに審査を申込めば単にお金は借りられるだけでなく幾つかの条件があり厳しさの中に隅々まで行き届いた配慮や考慮による安心で安全な審査であるからこそ今後の生活において大いに役立ちます。

プロミスは、多くの方々に愛用されている事もあり様々なランキングの上位に入っているので尚の事お勧めです。

また、顧客対応が良い口コミが多いのも特徴と言えます。

審査スピードや融資までの時間に関しても、各社が競い合っている為以前と比べて非常に早くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です