月別アーカイブ: 2015年8月

安保関連法案について

安保関連法案が衆議院で強行採決されましたが、集団的自衛権や憲法違反、中国、北朝鮮など周辺国との関係など国際社会での日本の役割を考えるのには良い機会だと思っています。

慰安婦問題や戦後補償など戦後から随分経過していますが、いまだに引きづっています。憲法改正の問題も押し付けられたものと考える人や平和憲法としての中身を重視する人もいて意見がわかれています。

日本という国を守るためにはある程度の軍事力は必要かと思います。攻めいてくる相手国に対して何もしないでいるわけには普通に考えてもおかしいです。

ただし国民が一丸となって戦う必要があるのかと考えると行きすぎだと思っています。祖父は職業軍人だったので、戦争中に命を落としています。使命と役割を考えると仕方がないことです。戦争とはそういうものです。これが召集令状で戦争に駆り出される人とはあきらかに異なり在籍確認カードローン
ます。自国を守るためとはいえ、戦争する目的が時の政府によりきめられるのは納得がいきません。

先の戦争も侵略戦争であることは間違いありません。物資を制限されたためやむをえず始めたという意見もありますが、国の政策が間違っていたことによります。

安保関連法案は国の政策を国民がどうとらえるのか試されています。犠牲になるのは常に若者であることはいつの時代でも間違いありません。