アーカイブ | 8月 2017

北朝鮮が新型ミサイルの発射に成功したと発表しました

5月14日早朝、北朝鮮が再びミサイルを発射し、弾頭は日本海に落下しました。そして今日15日になって、北朝鮮政府は「新型ミサイルの発射に成功した」と発表しました。日本の自衛隊の元高官も、ニュース番組のインタビューで「新型ミサイルを開発した可能性が高い」とか「ハワイやグァムを射程に入れた可能性がある」と述べています。

北朝鮮が軍事的に優位な立場を着実に身につけつつあります。これに対して日本は、憲法上、専守防衛しかできないため、北朝鮮に対しては経済制裁を強化したり、アメリカや中国など隣国と連携して圧力をかけることしかできません。

北朝鮮は、軍事的には核兵器を所有することと、アメリカ本土を射程距離にすることができる弾道ミサイルの開発を最優先としているように思われます。この2点を兼ね備えれば、アメリカ軍から軍事侵攻される心配はないと判断しているのだと思います。

しかし、このまま北朝鮮に強大な軍事力を保有させてしまえば、例えば韓国へ軍事侵攻する可能性がないとは言えません。そうなってしまえば、日本へは数十万人規模の難民が押し寄せる可能性があると想定できます。

いま日本が期待すべきは、中国による全面的な北朝鮮との貿易の遮断だと思います。北朝鮮の貿易総額の90%は、対中国だそうです。中国との貿易がストップしてしまえば、北朝鮮経済は打撃を受けますから、軍事予算が枯渇することを期待できます。アメリカと日本は共同で、中国に対して働きかけを強めるべきと考えます。みずほ銀行カードローン 専業主婦