アーカイブ

計画的な使い方と返済方法。

『今月ちょっとピンチだから…』などと、今は簡単に借り入れができてしまうだけに、無駄な借金が多くなってしまうように思います。

ですが、ただ借りるわけではなく、いくら借りるにも例え少額にしても利息が発生しますね。

その利息が、金融会社は意外と高いんです。

なので、計画的な借り入れをしないと大変なことになってしまうんです。

借りるときは何にも考えずに借りるものだと思います。

お金がほしいわけですから…

よく考えればわかるのですが、あくまでも借りるだけでもらうものではないんです。

借りたあとも利息を合わせて自分で返さなければなりません。

楽に手に入れたお金は、ハッキリ言って使うのも早く、何にも考えずに使ってしまいます。

それだと、後々返済時にとーっても苦労することは間違いないんです。

浪費は癖になるので、なかなか生活も安定しないなど様々なことが起こりえるんです。

余程きちんとしていない限りは、借金地獄になってしまう可能性もあります。

キャッシングするときは本当によく考えて、借してくれるからどんどん借りるのではなく、考えて借りながら使うようにしましょう。

借りるだけ借りても、必要のないお金なら利息だけむだですよね?

利用限度額ギリギリまで使いたくなる気持ちもわからなくもないですが、ここは必要なお金だけ借りればいいんです。

そして、返済時はいくらでもいいのですのしでも多く返済に充ててください。

利息が発生するので、借入額は少ない方がいいです。

最終的に言いたいことは、借り入れも返済も考えながら計画的にしてください!

と言うことです。

カードローンは計画的に利用する

テレビのコマーシャルに置いて、ご利用は計画的にっと言うフレーズがあると、消費者金融業だなっと、思い浮かんだほどに、覚える言葉になっていますが、利用するのなら、計画的に返済をして行こうっと意味合いもあると思います。

それに、ご利用は計画的にと言うのは、消費者金融業のカードローン以外にも、銀行でも信販でも言える言葉であると思います。

どこで幾ら借りようが、カードローンでお金を、借りたのは良いけれど、返せない状態になるかもしれないから気をつけてっと言う意味もあると思います。

何故ならば、お金が無い状態になっているから、カードローンで借入をするのであって、お金を埋め合わせた後は、もう今後はお金が無い状態にならない訳では無いからです。

もしも借入をしたお金を全部一気に使ってしまったのなら、次の月から返済する分が、手元にないのだから、返済が困難になってしまいます。

しかし、そんな風にならないように、大きなお金を借入したとしても、毎月返済する金額はホンの少額なので、無理ない返済が出来るようなシステムが作られています。

例えば、50万借りたのなら、1万5000円くらいの返済で、30万借りたのなら、8000円くらいの返済で良い状態になっています。

お金を借りて、そして後は、ずっと返済ばかりの日々を暮らせば、完済して借金が無くなり取引は終わる形になるのが理想形となりますが、これが、一度お金を借りて返済途中に、また足りないからと言って、借入をしたりして、永遠に借金を抱えている人も居ます。

それに、どんどん追加融資を受けたりして、借金がどんどん膨らむ状態になる場合もあるのです。だから計画を持って利用しないと、借金返済が中心の生活になってしまうので、ご利用は計画的にしないといけないのでしょう。