計画的な使い方と返済方法。

『今月ちょっとピンチだから…』などと、今は簡単に借り入れができてしまうだけに、無駄な借金が多くなってしまうように思います。

ですが、ただ借りるわけではなく、いくら借りるにも例え少額にしても利息が発生しますね。

その利息が、金融会社は意外と高いんです。

なので、計画的な借り入れをしないと大変なことになってしまうんです。

借りるときは何にも考えずに借りるものだと思います。

お金がほしいわけですから…

よく考えればわかるのですが、あくまでも借りるだけでもらうものではないんです。

借りたあとも利息を合わせて自分で返さなければなりません。

楽に手に入れたお金は、ハッキリ言って使うのも早く、何にも考えずに使ってしまいます。

それだと、後々返済時にとーっても苦労することは間違いないんです。

浪費は癖になるので、なかなか生活も安定しないなど様々なことが起こりえるんです。

余程きちんとしていない限りは、借金地獄になってしまう可能性もあります。

キャッシングするときは本当によく考えて、借してくれるからどんどん借りるのではなく、考えて借りながら使うようにしましょう。

借りるだけ借りても、必要のないお金なら利息だけむだですよね?

利用限度額ギリギリまで使いたくなる気持ちもわからなくもないですが、ここは必要なお金だけ借りればいいんです。

そして、返済時はいくらでもいいのですのしでも多く返済に充ててください。

利息が発生するので、借入額は少ない方がいいです。

最終的に言いたいことは、借り入れも返済も考えながら計画的にしてください!

と言うことです。

キャッシングの限度額について。

キャッシングするのに気になるのは限度額ではないかと思います。

この限度額は、その人その人で違って…

年収や職業によって異なります。

最初の審査のときは、希望融資額を低めに設定した方が審査に通りやすいんです。

そして、大手のキャッシング会社なら、何度でも増額の審査を受けることができます。

ただし、今は総量規制というものがあるので、年収の3分の1を越えてしまうと借り入れできない状況になってしまいます。

これはどこでも同じで、他社に申し込んだとしても全体的に見て年収の3分の1を越えていると、キャッシング会社を変えても融資はストップしてしまうんです。

ですが、普通のキャッシング会社だったら総量規制で引っかかってしまいますが、銀行系のカードローンでしたら総量規制の対象外となるので『おまとめローン』などを利用するのだったら融資してもらえる可能性は大いにあります。

職業が安定していて、ある程度年収があるのならほぼ審査には通るので、もし総量規制の関係で借り入れできなくなってしまったら、銀行系のカードローンで申し込んでみることをオススメします。

もしダメだったとしても、審査に通る可能性もゼロではないので…

申し込んでみて損はないと思います。

イオン銀行カードローンは来店不要

来店不要で申し込みが出来るカードローンが多い中で、イオン銀行カードローンBIGも来店不要のネット申し込みが出来るようになっています。

もちろん24時間受け付けているため、いつでもどこでも、パソコンでもスマホでも思い立ったときに申し込みが出来るのです。

申し込みをした後はイオン銀行側からの確認電話後、仮審査結果連絡が郵送で届き、書類に必要事項の記入や捺印、返送をすると契約完了、カードの郵送となります。

非常に簡単にまとめましたが、この流れでも分かるように、カードが手元に届いて借りるまでの間には、仮審査結果の連絡とカードの受け取りで、イオン銀行側からの郵送が二度必要となります。

郵送が二度も必要となると、それだけ借りるまでに時間がかかってしまいます。申し込みだけならネットで素早く手軽に行えるのですが、実際に借りるまでには、郵送の日数だけを考えても二度で最短でも一週間ほど、更に審査や各種手続きもあるので、もう少しの日数がかかることも考えておかなければなりません。

イオン銀行の口座を持っていれば、最短で即日の対応となるのでいくらかは早くなります。しかし、口座が無い場合にはどうしても日数がかかってしまうため、急ぎで借りたいと思って申し込みをすると、必要なときまでに借りられない可能性もあるのです。

カードローンは計画的に利用する

テレビのコマーシャルに置いて、ご利用は計画的にっと言うフレーズがあると、消費者金融業だなっと、思い浮かんだほどに、覚える言葉になっていますが、利用するのなら、計画的に返済をして行こうっと意味合いもあると思います。

それに、ご利用は計画的にと言うのは、消費者金融業のカードローン以外にも、銀行でも信販でも言える言葉であると思います。

どこで幾ら借りようが、カードローンでお金を、借りたのは良いけれど、返せない状態になるかもしれないから気をつけてっと言う意味もあると思います。

何故ならば、お金が無い状態になっているから、カードローンで借入をするのであって、お金を埋め合わせた後は、もう今後はお金が無い状態にならない訳では無いからです。

もしも借入をしたお金を全部一気に使ってしまったのなら、次の月から返済する分が、手元にないのだから、返済が困難になってしまいます。

しかし、そんな風にならないように、大きなお金を借入したとしても、毎月返済する金額はホンの少額なので、無理ない返済が出来るようなシステムが作られています。

例えば、50万借りたのなら、1万5000円くらいの返済で、30万借りたのなら、8000円くらいの返済で良い状態になっています。

お金を借りて、そして後は、ずっと返済ばかりの日々を暮らせば、完済して借金が無くなり取引は終わる形になるのが理想形となりますが、これが、一度お金を借りて返済途中に、また足りないからと言って、借入をしたりして、永遠に借金を抱えている人も居ます。

それに、どんどん追加融資を受けたりして、借金がどんどん膨らむ状態になる場合もあるのです。だから計画を持って利用しないと、借金返済が中心の生活になってしまうので、ご利用は計画的にしないといけないのでしょう。

通過する為にはポイントが3つある

カードローン審査に通過する為にはこれだけで大丈夫になるポイントが3つあります。

1.低い限度額で審査を申込む。

2.勤務先は正確に入力する。

3.嘘のない範囲で自分を良く見せる事。

もしあなたが今すぐカードローン審査に通過したいと思うのであれば、

この上のように、紹介した3つのポイントの方法が最も確実に審査に通る可能性を高めてくれる方法です。

なぜなら、今紹介した3つの方法は、実際にカード審査において最も重要視されている要素であり、あなたがカード審査に通過する為に必要なもっとも即効性の高いテクニックだと言えるからです。

カード審査は基本的には一発勝負と言われていますが、決してそんなことはありません。

住宅ローンとなれば話は別ですが、カード審査なら一度審査に落ちても3か月後に再度審査を申込めば、同じカード会社の審査でも結果が変わる場合が大いにあります。

まずは気軽に三井住友銀行グループのモビットが提供している「10秒結果表示」を利用して、あなたが今すぐ審査に通過できるかどうか調べてみましょう。モビットなら審査結果も早く、金利も低めなのでおすすめですよ。

そして、限度額を低く設定すれば、「すでに借り過ぎているのでこれ以上の融資は出来ません」と断れてしまう心配が一気に少なくなります。

カードローンやキャッシングに必要なもの

飲み会や接待など。大人になって外で働いていると、急に想定外の出費でお金が必要になる場面はそう少なくないと思います。

そういう時、財布に一枚ローンカードがあれば心強いですよね。

借入はもちろん、返済の時も時間を気にすることなく、お近くのコンビニATMで利用でき、るので、入り用な時に銀行が閉まっている、なんて時にも簡単に利用できるのも強みです。

そんな便利なカードローンは申込みも簡単で、契約機に行けば時間にして30分程度あればすぐに作れてしまいます。

自分で用意するものは自己証明証、代表的なものは運転免許証になりますが、それだけで審査が開始できます。

他にも自己証明証としては保険証、住民基本台帳カード、住民票の写しなどでも差支えありません。

次に契約機から用意される申請書に自分の情報を書き込めば準備は完了です。

上記2点を用意して審査が通れば晴れてカードローンが発行されるのですが、この2点の場合、大体のローン会社の借入金額の上限は50万円以下となります。

もし50万円以上の借り入れがしたい場合、それに加え収入証明書が必要になりますので注意が必要です。

このように気軽で簡単に利用できるカードローンですが、あくまでローンです。

借りる前に返すことを考え、計画的に利用しましょう。